Sparkles*United

映画のレビューと日々の出来事
In search of small and big adventures...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    2009.12.14 Monday | - | - | - -
カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)
評価:
C.S. ルイス,C.S. Lewis
おっと、ここまで来ました。あと1作品。
現在公開中の「ナルニア物語カスピアン王子の角笛」です。★5つ付けてしまいましたが、4つでもいいかもしれません。以前にも書いたかもしれないけど、ナルニアに関してはどうしても冷静になれません。(今ブログ確認してみたら、ナルニアについて書いていませんでした。。。あら。でもどうしてもブログに書いた気がしてなりません。。。デジャブ?)
ペベンシー兄弟がワードローブのドアをくぐってナルニアに行ってしまったように、わたしも子供の頃にドアをくぐってしまって、読み終わったときには人生がすっかり変わってしまったんだと思うのです。そのとき私は8歳で一番下のルーシーと同じくらい、病院に既に3ヶ月ほど入院していて、個室にひとりぼっちでした。病棟のプレイルームに何故かナルニアの本が全巻揃っていて、それで読み始めたのです。病室は抜け出せなかったけど、ワードローブの扉からナルニアに行くことはできた。昼夜忘れて読み続けて、頭の中は完全に違う世界を旅していました。自分に子供がいたらまずこれを読ませたいし、っていうか、まだ読んでいない人が羨ましい永遠の名作です。
さて、このレビューは本ではなくて、映画のつもり。まだアマゾンにリンクができなくて写真が出てこないので、本にリンクさせました。
映画がね、すごく良かったんですよ。でもごめんなさい。子供の頃に本を読んでいない残念な方々がどう感じるかは良く分かりません。私にとっては、映画を見ている2時間のあいだ、初めて本を読んだときのような感動を覚えました。1作目はそこまででもなかったけど、2作目は時間が経つのを忘れたくらい。世界中のナルニアファンが同じ気持ちだったに違いありません。
本って、別に子供の頃に読んでいなかったって何ってことないんですよ。本を読むよりスポーツをしていた方が、元気で協調性のある子に育つだろうし。ただ、子供の頃に読んだ色々な本って、大人になってから読むのと違って、本当に自分の中に世界が出来上がるのね。心の中や自分の周りに宇宙がいっぱいあって、その別な宇宙が目には見えないんだけど常に側に感じられて、手を伸ばせば届きそうな感じがします。そういった沢山の宇宙を感じることが、何故かすごく人生を豊かにする大切なことのように思えるのです。
JUGEMテーマ:映画
ラッシュアワー3
ほんとは私ジャッキーチェンが大好きで、子供の頃からそれで皆に何度も「信じられない〜なんで〜?」と言われて耐えてきたんですけど。でもね、これはあんまり見る価値のない映画の仲間入りです。1は面白かったような気がするけど、さすがに3はもう要らないでしょう、という感じ。
ジャッキーはこの夏に公開される予定らしい、ジェット・リーと共演しているなんとかドラゴンっていう映画と、あとカンフーパンダ!楽しみです。
もう55くらいで、アクション映画を撮るために毎日数時間のトレーニングを欠かさないというジャッキー。いくつまで頑張ってくれるのか、期待してます!いや〜ほんと大好き。

JUGEMテーマ:映画
ハート・オブ・ミュージック
すみません。ヒラリー・ダフ、結構好きなんです。かわいいし、歌上手いし。
ティーン映画だけど、ミュージシャンを目指して音楽学校のサマースクールに参加し奮闘する主人公を描いた佳作です。歌も結構いいし、ヒーロー役でOliver Jamesも出ています。カッコいいし好きなんだけど、なんで全然売れてないのかなあ。
ヒラリーダフは「シンデレラストーリー」も「パーフェクト・マン」も普通に良かった。大人の映画では無いけど、単純にラブコメディが観たいときにはぜひ。
JUGEMテーマ:映画
アーネスト式プロポーズ
評価:
オリバー・パーカー,オスカー・ワイルド
邦題が。。。
やっとDVDがでる!!
こんなに好きな俳優が何人も出てるのに、はっきり言って、どうやってこんな詰まらない映画ができるのか。。。いえ、全然見所が無いっていう訳じゃないんですけど。
自分の名前を「アーネストだ」と嘘を語って女性の心を手に入れた二人の男性。嘘がばれないように色々と画策するのですが、どんどんドツボにハマっていくっていう感じのストーリーです。原作はオスカーワイルドなのかな。
いえ、全然詰まらないっていう訳ではないので、軽いコメディが見たい人にはいいと思うんですけど、これに★5つはちょっと・・・

JUGEMテーマ:映画
ウォーター・ホース
飛行機で観た作品。ファンタジーは好きなので楽しみにしていました。
全般的にわくわくして面白かったです。
ただ、WaterhorseがもちろんCGなのですが、なんか人形っぽいのに妙にリアルで、何ともいえない感じ。映画「エラゴン」のドラゴンもそうでしたが、ハ虫類をCGで映像化するのって難しいんですね。ナルニアのアスランはあんなにリアルなのに。

JUGEMテーマ:映画
デート・ウィズ・ドリュー
これ、単にアイデア勝負のような作品なのですが、実際構成や編集も良く、非常に後味のいい映画でした。ストーリーはご存知かと思いますが、クイズ番組に出場してたまたま1100ドルを手に入れた主人公が、折角だからそのお金を生活費に使わずに何か有意義なことをしようと思い立ちます。そこで、子供の頃から大ファンだったドリューとなんとかデートをする、という映画を作ることに。コネを使ってなんとかドリューに連絡をとったり、デートのためにダイエットをしたり、なんていうか、こんなクダラナイ企画なのによくも諦めずに頑張ったなあと感心します。ガッツがすごい。それで見終わったらかなり元気が出ました。
★4つ付けちゃいました。
ちなみに、これを観ている途中です。マンションの火災報知器が鳴ったの。折角いい気分で映画見てたのに。。。

JUGEMテーマ:映画
ONCE ダブリンの街角で
映画のレビュー、最近観たものから書いています。

これは単館系だったので見逃したけど、前から観たかった映画です。アイルランド映画、ダブリンが舞台です。ミュージシャンを目指すも落ち込んでロンドンから帰ってきた男性と、東欧から移住してきて街で花を売ったりしながらやっと暮らす女性が主人公。音楽がきっかけで二人が出会い、一緒にレコーディングをすることに。
音楽が結構よくて、別に話の筋書きがなくても楽しめます。いえ、ストーリーもちょっとしんみりするような、素敵なラブストーリーです。おすすめです。

JUGEMテーマ:映画
ゾディアック
OK, I know. I have a huge backlog of film reviews. OK, I am finally working on it.

勧められて見てみました。Zodiacというタイトルでも、Xファイルみたいなジャケットでも、宇宙人もなにも出てきません。れっきとした犯罪ミステリー。30年くらい前に実際に起こった連続殺人事件の犯人を捜すべく、刑事やジャーナリスト、そして主人公のイラストレーター(ジェイク・ギレンホール)が人生を掛けて謎解きをし追跡を続けるお話。解けそうで解けないもどかしさもありますが、面白くてつい引き込まれてしまいます。実話みたいなのですが、本当にこんな事件があったのだとしたら、やっぱり犯人は相当頭脳犯?

ちなみに以前にも書きましたが(プロフィールにも)、★3つは佳作、普通に面白くておすすめの映画です。4と5はスペシャルな映画です。
JUGEMテーマ:映画
大いなる陰謀
JUGEMテーマ:映画


大型新作がいくつも公開されたせいで、もう映画館でやっていないかもしれませんが・・・大分前に観ました。すごく良かった。
原題のLions for lambsというのは、映画のテーマでもありますが「この国に優秀なリーダーシップが欲しい」という意味だと思います。映画の中の説明によれば普通はLambs for Lionsと言うらしく、それは優秀な人たちを駄目なリーダーが引っ張っていて皆で路頭に迷うことの比喩だそうです。優秀なリーダーが必要だ、それは政治家に任せておくのではなく、あなた自身にもできることがある、というメッセージが込められた映画でした。
この作品は3つの同時進行するエピソードから構成されています。1つはトム・クルーズ扮する上院議員が肝いりで進める軍事作戦についてメリル・ストリープ扮するやり手ジャーナリストがインタビューをするシーン。2つ目はその作戦に現場で参加している2人の若者を通して、作戦の進行を追うシーン。3つ目はその2人の若者の恩師である大学教授(ロバート・レッドフォード)が、無気力で落ちこぼれそうな学生に向かって説教をしつつ、その2人の話をして聞かせるシーンです。映画の中で描かれるのは1時間程度の出来事。総ての登場人物にとって人生を左右するような1時間です。
それぞれが矛盾を抱えつつも何とかしようともがく、そこから学生(これからの世代)が何かを掴みとってくれれば、という強い願いが感じられます。
これを書きながらもちょっとジーンと込み上げて来る、そんな力のある作品です。映画館へGo! もう公開が終わっちゃってたら、ぜひDVDで見てください。
タロットカード殺人事件
評価:
スカーレット・ヨハンソン,ヒュー・ジャックマン,イアン・マクシェーン,フェネラ・ウールガー,ケヴィン・R・マクナリー,ウディ・アレン
JUGEMテーマ:映画


それほどウディ・アレンが好きというわけではないのですが、ヒュー・ジャックマンだから絶対見ようと思ってました。結構面白かった。ハラハラしたり、ロマンチックな気分になったり、楽しめます。ウディアレン作品では「スコーピオンの恋まじない」とかなり似た雰囲気でしょうか。
ジャーナリスト志望のアメリカ人大学生が休暇でロンドンにやって来て、そこで特ダネを掴んだものの無念にも死んでしまったヤリ手ジャーナリストの幽霊に出会います。その特ダネとは「有名貴族の跡取り息子が巷で話題のタロットカード殺人事件の犯人だ」というものでした。ヒロインは真実を明らかにしようと、その貴族に近づきます。
・・・ですが、なにしろ相手がヒュー・ジャックマンなので、犯罪を暴くどころか恋に落ちちゃうんですよ。
気軽なラブコメディを見たいという方には結構お勧めです♪
page top
1 / 9 pages >>

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Flickr
www.flickr.com
sparklink02's Life photoset sparklink02's Life photoset
My Other Blogs
テーマごとにBlogを分けました。 merinowork:編み物とクラフト cinema bleu:映画も分ける予定です。まだこれから。
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
Search this site.
SPONSORED LINKS